SL銀河初夏<3>早池峰と賢治の展示室とフォルクローロ花巻東和

宮沢賢治と岩手

SL銀河初夏<2>のつづきです。

スポンサーリンク

早池峰と賢治の展示室

早池峰と賢治の展示室」に着きました。12kmを約25分、ほぼ1本道を運転してきました。なにやら素敵な建物です。大迫(おおはさま)も合併して花巻市になっていました。

大迫町といえば、岩手県産の葡萄にこだわって醸造している「エーデルワイン」が有名です。私は運転ばかりしていたのでついに飲まず仕舞いでしたが、ほろ酔いでいつもの仏頂面が緩んだ家族や友人を乗せて走ったことが思い出されます。…あ、ちなみに大迫まで買いに来ると、産地の美しい風景を見て味わいが増すと思いますが、商品だけをお求めなら東京銀座の歌舞伎座向かい「いわて銀河プラザ」がオススメです。あそこ、なんでもありますから。

建物は童話「猫の事務所」のモデルになった稗貫郡役所の建物を移築したものです。

中は「猫の事務所」をメインに大迫と宮沢賢治さん・作品に関係する展示をする施設になっています!

かまど猫もいたにゃぁ…やっぱりなんだか情けないにゃぁ

賢治さんの土性調査の足跡が良い感じでわかりやすいです。

地元大迫で採れたモリブデン鉱石葉たばこのかつての主力品種「南部葉」。

童話『風の又三郎』の世界の品々です。

またはひまつの緑茶をつけたカステーラや なめらかでやにっこい緑や茶いろの蛇紋岩(「山の晨明(しんめい)に関する童話風の構想」)

早池峰の蛇紋岩…美味しそう?

外に出たら素敵な観光タクシーが停車していました。

イギリス製ですって!

革張のシート。イーハトーヴの雰囲気出てるなぁ。

ムーディーにイーハトーヴに浸るなら、運転手さんつきでこういう車がいいような気がします。チャンスがあれば私も乗ってみたいので、リンク貼っておきましょう。

では、ここから1本道、お宿に向かいます。

フォルクローロ花巻東和

運転手なので写真がいきなりお宿に飛びます。またまた山中の1本道を20分ほど走りました。

こちらのフォルクローロ花巻東和は、「花巻」とついていますが合併して花巻市になった東和町なので、かなり花巻中心市街地と離れております。

最寄りの駅は徒歩15分の土沢駅。

しかし!真横が高速道路のインターチェンジなので、県内の主要地まで高速で移動するには至便の立地なのです。岩手県は日本で一番大きな県なので(都道府県では北海道に続いて2番目)、車の移動は適宜高速を使っていかないと時間が足りないのです。

東和温泉と道の駅が隣接していて、宿泊者は無料で温泉に入れるのですが21時まで。カナちゃんと合流して夜遊び予定なので今夜の温泉は間に合いません…明日の朝かな。

館内、ゆったりとくつろげる素敵な雰囲気です!

共用スペース素敵すぎます!自宅にこんな空間が欲しかった!ソファーに沈んで読み耽りたい~♪

角に大きな窓、これも憧れです。住みたい…

JR系列のホテルだけあって、トランヴェールが充実w新幹線で熟読した「高校野球と宮沢賢治の青春」です!

マッサージチェアも自由に使えます。無料!

おや!釜石線の駅と撮影スポットと写真が壁一面に掲載されたコーナーがあります。ここ、きっと撮影の作戦会議場に違いありません。

カナちゃん回収したら、明日の作戦会議はここでしよう…

SL銀河のペーパークラフト発見!明日の練習を兼ねてパチリ!

さて、お部屋です。かごの中はタオルが入っていて、隣接の東和温泉にいく時に持っていきます。行けるかな?

ベッド。あ、窓の外を見てみよう!

素敵な中庭!…裏庭?四方が田んぼなので、どの方向にも自然の風景が広がっています。…ん?ん?なんか今、バハ~って変な鳴き声が聞こえました。ちょっと見に行ってみましょう!

あ!さっきは気づきませんでしたが「ジバヤギきょうだい」の紹介看板発見!

あ~!ヤギがいるー!

ヤギに興奮していたら、ホテルの方にエサをいただきました。あげてみましょう!

わー、歯並びが人間みたいwヤギたちはホテルのペットで、家畜ではなく鑑賞用だそうです。

ヤギ目線のホテル。高原のコテージのような景色です。

このあと実家にご用事して、カナちゃんを迎えに行って、夜遊びしましょう♪

つづく

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました