宮沢賢治と東京

宮沢賢治と東京

須田町食堂に行ってみた

久しぶりに鉱物標本を購入しました。ものすごく透明なのに、この結晶はなんなんだろう?と興味を惹かれた標本です。中国産のカルサイト(方解石)とラベルに記載されていて、新着とのこと。コロナで海外から標本が入って来づらかったのか、なかなか...
宮沢賢治と東京

国中会館はどこだったのか?

宮沢賢治さんが1926年(大正10年)に家出して通っていた国中会館。上野にあると思い込んでいたのですが、要伝寺のブログに書かれている一文に「え?そうなの?」と驚き、とりあえず行ってみました。 要伝寺ブログの一文 国柱会...
宮沢賢治と東京

阿部孝 止宿先 谷中茶屋町とはどこか?

宮沢賢治と谷中茶屋町 1921年(大正10年)1月23日に家出して東京に住んでいた宮沢賢治さん。生涯5度目の在京時期のことです。早春、阿部氏に会いに行った場所が『谷中茶屋町』です。こちら、賢治さんの下宿先と帝国図書館の間あた...
宮沢賢治と東京

旧上野図書館(帝国図書館)に行ってみた

1921年(大正10年)1月~8月。賢治さん、家出して東京に住んでました。主に東大赤門前の文信社で働き、菊坂に住んで一日300枚ペースで童話・詩歌を書き、上野図書館で勉強し、鶯谷の国柱会館に通う生活。菊坂~鶯谷の「賢治ロード192...
宮沢賢治と東京

神保町~御茶ノ水と賢治2015

2018年に「神保町~御茶ノ水と賢治」として歩いた工程が、賢治さんにとって重要だった「水晶堂」も「金石舎」もかすっていなかったことに「【まとめ】賢治の東京における足跡」を書いていて気づきました。あちゃ~ 2015年に歩いた神...
宮沢賢治と東京

高村光太郎が住んでいた千駄木に日暮里駅から行ってみた

今回、マップは上の方だけスルスル~っとなぞってますが、2時間半のお散歩です。下部には根津神社・上野公園といった見所地帯なのですが、今回は行きません。 高村光太郎 彫刻家・詩人・歌人 花巻温泉に疎開している高村光...
宮沢賢治と東京

賢治、大田区でチェロを3日習う

今回、跡地が一般住宅な上に、周辺も住宅街だったので写真少な目・文字多めです。 「東京にチェロを習いに行った。」「3日チェロを習った。」 賢治さん、チェロを東京に3日間習いに行っています。このエピソードを初めて聞いた時は...
宮沢賢治と東京

昭和クラシック銀座の夜

雨の夜独特のこっくりしたトーンで、雰囲気のあるビル撮れちゃいましたw 取材で久しぶりに東京に出た私。満員の帰宅電車を回避するために、2時間ほど夜の街を楽しむことにしました。 美しいアンティークショップのディスプレイ。コ...
宮沢賢治と東京

親友と恩師と荒川の桜見物

江北荒川堤五色の桜という名所。 1921年(大正10年)1月23日に家出、上京した宮沢賢治さん。8月まで半年以上東京に住んでいました。……帰郷の予定で上京していないので、滞在というより居住と言ってあげたいです。  その間、4月...
宮沢賢治と東京

当時の地図で王子~巣鴨

最初のノート「王子~巣鴨」 一昨年の秋。最初のナギノート探索が「王子~巣鴨」でした。 1916年(大正5年)3月20日が賢治さん東京発上陸。1917年(大正6年)発行の地図を見てみましょう。 地図上部、飛鳥山公園...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました