2020-12

宮沢賢治と東京

旧上野図書館(帝国図書館)に行ってみた

1921年(大正10年)1月~8月。賢治さん、家出して東京に住んでました。主に東大赤門前の文信社で働き、菊坂に住んで一日300枚ペースで童話・詩歌を書き、上野図書館で勉強し、鶯谷の国柱会館に通う生活。菊坂~鶯谷の「賢治ロード192...
ナギノの女子旅

深大寺

調布駅からバスで約10分。天台宗深大寺、遠く離れた町でも軒先に貼られたお札を見かけて「おや!」と思う印象的なお札のお寺です。蕎麦が美味しいらしいので行ってみました。 左から一反もめんの「いったんメモ」、深大寺元三大師...
宮沢賢治と東京

神保町~御茶ノ水と賢治2015

2018年に「神保町~御茶ノ水と賢治」として歩いた工程が、賢治さんにとって重要だった「水晶堂」も「金石舎」もかすっていなかったことに「【まとめ】賢治の東京における足跡」を書いていて気づきました。あちゃ~ 2015年に歩いた神...
その他

ナギノはんこ屋が使ってる金のスタンパー

この投稿をInstagramで見る Nagino Momoko(@naginote.tokyo)がシェアした投稿 #ナギノハンコ ナギノはイベントで似顔絵ハンコを彫っております。試押し...
その他

【まとめ】賢治の東京における足跡

賢治さん関連の東京を訪ねるきっかけになった出来事に区切りがつきました。そこで、この約2年の間に行った場所とまだ行っていない場所をここで一旦整理してみようと思います。 賢治地理『宮澤賢治の東京における足跡』奥田弘 ...
宮沢賢治とその他の地域

賢治風味0.1%で大船観音寺に行ってみた

注:0.1%は、開封の瞬間「ん?匂った?気のせい?」程度の風味付けです。廉価なスナックのマツタケフレーバー程度の認識でお願いします。 色味抑え目ノートになりました。いつもは乗り換えの大船駅で下車します。 大船駅…エ!?...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました