10/31 SL銀河に乗る!遠野市街に行ってみよう♪

宮沢賢治と岩手

10/31 SL銀河に乗る!釜石ー遠野のつづき

SL銀河に乗って遠野駅に着きました。

2021年 SL銀河 遠野駅発着時刻表

上り 釜石ー花巻  11:46着 13:53発 停車時間2時間7分

上りは下りよりも遠野駅での停車時間が長く取られています。

札幌からSL銀河に乗りに来たという方に声を掛けていただきました。

明日は普通にお仕事があるとのことで、帰りを急ぐので遠野で下車して後続の盛岡へ直通する「快速はまゆり号」に乗るのだそう。後続ながらSL銀河が遠野を発車する13:53には盛岡に着くそうです。

全工程をSL銀河に乗れないのは残念でも、こういう乗り方もあるんだよという方法を教えていただきました。

『銀河鉄道の夜』の物語は乗客が乗ってきて言葉を交わし、下車していくのですが、昨日から私も同じ様に一緒に乗った親友だけではない人達と話をしています。
『銀河鉄道の夜』がコンセプトというよりは、車内の出来事が物語そのものです。

フォルクローロはエスペラント語で「民話」。本当に遠野らしい名前♪

さて、我々も今回は下車時間が2時間あるので遠野市街に出ます。

遠野駅の駅舎。かつては駅の2階部分が宿泊施設ホテルフォルクローロ遠野でした。今はホテルが無くなり空き物件だそうです。泊まってみたかったホテルだっただけに残念。

我々はどうしてもかっぱ淵に行きたかったので、交通手段はタクシー一択。経験上、バスじゃ2時間では無理では?と思ってでしたが、運転手さんによると「最近はレンタサイクルで回る人も多いんだよ」と。車窓からバス停が全部馬の形になっているのが見えます。

カッパ淵、今、いつもの入り口は工事中なのよ。案内してあげようかね♪」と運転手さん。ありがとうございます♪

久しぶりのカッパ淵。たしかに見慣れない方向に案内が。

案内されて進むと見慣れた景色が。岩手に住んでいた頃、一人でよく来ていたのです。懐かしい。

ここは遠野物語にも書かれているカッパの出現ポイントです。

運転手さんに「カッパ見たことある?」と聞かれたので

ここにいつも自分がカッパだと言うおじいさんが居て、会って話していたことを伝えると、

あれ?おじいさんがお堂に祀られてる…。聞けばお亡くなりになって祀られたとのこと。テレビにもよく取材されていて、有名な方だったみたい。

ここは安倍一族の屋敷跡という標識2つ。

遠野にも安倍一族の屋敷があったことに驚きましたが、江刺とは斜めに続きなので近いです。納得。

なんと竿が用意されています!カッパ釣り、ずいぶんメジャーになったんですね。

釣れますかー?餌はもちろんキュウリです。

見慣れない畑があるなぁ何を作ってたんだろう?と見ていたら「ホップだよ」と。

岩手の誇り「ビールの里」遠野産ホップ KIRIN

わぁ!この写真見たことある!いつも行ってるキリンシティのメニューに最初に表示されてる遠野産ホップの写真です!ここなんですね♪

スポンサーリンク

オハフ46 2005

駅に戻る途中で気になる車体が目についたので止まっていただきました。

オープンになってるデッキがものすごく可愛いです。

オハフ46 2005…って書いてあるってことは、走ってた車両なんですよね?

台車に載せられてる…?

よくわからないです。

「東京の恵比寿のほうに居たらしいよ」との情報いただきました。

以上、よくわからないけどものすごく雰囲気のある車両でした。

遠野駅に戻ってきました。

スタンプ2種類ゲット。

素晴らしい品揃え♪畑見た後なので、なんだかとても飲んでみたくなるビールばかりです。遠野、すっかりビールの里です。

ただいまSL銀河♪機関車再接続されて、すっかりスタンバイ。

我々もスタンバイ。4号車のショップで購入。プレッツェルは釜石のNewDaysで買ったものがカナちゃんの鞄から出てきましたっ♫

遠野の青空にカンパーイ♪ものすごくフルーティーで爽やかな味です。どちらも美味しすぎる!香りが素敵なのでカップで飲むべし!

釜石の限定品だったこちらのサヴァ缶のプレッツェル、めちゃ美味しかった。もっと買って来ればよかった…あ、でも私の鞄じゃバッキバキか。

遠野はきっとまた来ると思う。カッパさんまたねノシ

つづく

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました