SL銀河に乗る!花巻ー遠野

宮沢賢治と岩手

JR花巻駅と散策拠点宿周辺のつづき

JR花巻駅に来ています。いよいよSL銀河に乗ります!

SL銀河が入線すると熱烈な歓迎です。運行初日でも最終日でも無いのにこの熱狂!SL銀河、大人気です♪

本日のプレートは緑。他にも色があるらしいです。

漆黒のボディに美しいヘッドマーク。素敵すぎて欲しいです♫

暗号がいっぱい…。

入線と同時に鹿踊り(ししおどり)が出発を盛り上げます。宮沢賢治も大好きだったというこの踊りの由来が人形と共に展示されています。

鹿踊りとは鹿の供養のために鹿の生活を舞踊化したもの。しかも、空也上人が起源というのに驚きます。私、六波羅蜜寺の口から出てる像が好きなのです♪

宮沢賢治童話にも「鹿踊りのはじまり」があります。若い農夫が手拭いを忘れて戻った野原で、鹿たちが歌と踊りをはじめる瞬間を共感するお話です。

「鹿踊りのはじまり」(青空文庫)

車内もクラシカルな赤いシートと梁を基調に、とても美しい内装です!

荷物棚にステンドグラスのような装飾。1つ1つが世界観を表現していて素敵です。

優美でクラシカルでありながら賢治。このマッチングが素晴らしいです!

行き先は釜石!行き先表示はいきなり終点ですw

車内に記念スタンプ発見!スタンプ台もSLの雰囲気が出ています♪

車内の物語ムードを盛り上げる展示。

宮沢賢治を紹介する展示では、『雨ニモマケズ』手帳のレプリカや賢治の世界を知る上で鍵になる木の実やオリザ(米)のオブジェも!

「切符拝見しまーす!」

押されたハンコが素敵すぎる‼︎

「11時丁度に白鳥座に停車」

土沢駅の到着時刻が11時。これは「銀河鉄道の夜」に合わせてるのでしょうか?…物語は夜なので半日違うのですが、気になる一致!

宮守の眼鏡橋こと宮守川橋梁(みやもりがわきょうりょう)。沢山の人がSL銀河を見送ってくれています。

宮守駅に着きました。ここで12分の停車です。

秋の風が気持ち良いです。良い季節に岩手に来ることができました♫

お腹がすいちゃったので「SL銀河弁当」を開けましょう♪

わぁ!ウニいっぱい♪花巻名物の金婚漬も存在感を放っています。岩手の自然の中で食べるので、尚更美味しいお弁当です。

つづく

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました