イーハトーブの夜活@花巻

宮沢賢治と岩手

2021年10月29日、花巻駅に着いたら日が暮れていました…

花巻駅、ステンドグラス風で綺麗ですね。ただ、帰宅ラッシュで人が多いです。

モニュメント『風の鳴る林』も音を奏でているのですが、周囲の音の方が大きいかな。

スポンサーリンク

夕飯

地元の親友と合流して、車で北上方面へ。我らの家『プティ・マルミット』♪

トリッパ(大)とりあえずこれ。食べ終わった後に「ケーキやめてトリッパおかわりしようかなぁ…」と、呟いてみる。

タルトタタン♪(紅玉の酸味とクリームの組み合わせが最高)

鴨コンフィ!(秋の一幅の絵画のような見た目。皮がさっくりとして、美味しかった)

マロンのタルト(来ないと食べれないんだもん!)…と、後悔しないように精一杯味わいました。前回もそのように言って食べた後、今回のコロナ禍で2年も来れなかったわけですし…その時を精一杯生きるべし!と強く思いつつ、次はいつ来れるだろうかと考えます。

花巻に戻りながら

『プティ・マルミット』の駐車場で星が沢山見えたので撮っていたら「もっと暗い場所で撮ろうよ!」と帰りながら連れてこられたのがここ。

胡四王山(こしおうざん)の麓の童話村の入り口。今回は立ち寄れませんが、胡四王山には宮沢賢治記念館があります。

星撮れるかなぁ…と、自動モードで撮影。昇ってきたばかりのオリオンと対面!

「白鳥の停車場」もありました!

そこから更に東和町方面に行ったところで、山の連なりと星の綺麗な真っ暗な場所が。…ダウンに覆われてない部分に冷えが入ってきます。寒い。「4℃くらいだべが。こんでは明日、野菜に霜降りるな」「明け方待たなくても、もう車に露降りてっど;」という会話が。露と霜とを落とす…それはオリオンですね?

ということで、ようやく全部見えたオリオン座。「♪オリオンは高く うたひつゆとしもとを おとす」『星めぐりの歌』の通りです。秋に冬の星座が見えてくるということは、だいぶ夜も更けてきました。

セブンイレブン岩手県花巻市矢沢第4地割

何かいる!

これは、アニメ『グスコーブドリの伝記』(宮沢賢治原作)のブドリネリです。どうしてコンビニの駐車場にいるのでしょう?ちょっと疑問に思う位置です。

最後の2体は唐突な登場でしたが、花巻のあちこち宮沢賢治関連のオブジェがあって、さすが地元です。夜の散策でも色々面白いものが見れました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました