物語りイーハトーヴのスーヴェニールetc

ナギノの女子旅

日本語で「おみやげ」というと、待っている家族への持ち帰り品のニュアンスがありますが、私の「おみやげ」はスーヴェニール(souvenir)という単語のニュアンスがしっくりきます。英単語で感動した「日本語の曖昧さがバッサリと定義されていた言葉」の一つです。

英語で「おみやげ」
  • souvenir=自分へのおみやげ
  • gift、present=他人へのおみやげ

岩手から持ち帰った有形物を見ていたら、まさしくスーヴェニール!

NewDaysでゲットしたもの

花巻・釜石駅ともにNewDaysの「コンビニ的実用性を踏まえつつSL銀河グッズと地場産品の取り揃え」に感涙です。しかし移動が多いので荷物を増やして動きが悪くなってしまうことを恐れ葛藤。さらには荷物を圧縮するので、変形して価値を失う物もアウト。食べちゃったものは旅程のレポで消えているので、持ち帰り品のみのご紹介です。

右上のサボ風プラプレートは花巻で見かけて即買いした一目惚れ品で、裏面がSL銀河の車体イラストです。カナちゃんも釜石で買ってましたよ。

右下、SL銀河車内で一筆箋を購入したので、リンクコーデっぽく封緘になっていいなと思って購入したシール。いくら丼美味しそう…岩手と円形はデザイン相性イイネ。勉強になります。アトリエナギノの事務所封筒に岩手風味添加で使いたいと思います。今回はSL銀河に特化していますが、岩手の他のエリアもがっつり回って魅力を紹介したいなぁ。左下、はやぶさの部分が外れて下からこまちが出現する仕掛けになっている缶です。中身はチョコレート。ギミックに感動したのと、何やら使えそうなサイズ感だったので購入。こちら差し上げたら「トミカがシンデレラフィットでした💖ありがとう✨」とリマインドありました。トミカ入れとして余生をお過ごしとのことです。

SL銀河のヘッドマークキーホルダーも思い出の写真を入れたUSBにつけてます

左上の駅名標キーホルダー、その駅ごとの扱いだったらしく…遠野と花巻でも買えば良かったなぁ。仕事上USBメモリを多用しつつ他人様と⇆させるので「これモモコのなので」アピールにキーホルダーつけていることを失念していました。願わくば全駅揃えて私の周辺で⇆させたい。…って、列車じゃなくて駅名標が移動してる(笑)

SL銀河車内でゲットしたもの

右のトートバック、ヘッドマークの缶バッチに惹かれて即購入。缶バッチ、正直なかなか使い所が難しいです。キャンバストートにつける以外の用途が思いつかないので、つまりは「缶バッチと布トートはセットである」という最適解です。ちなみにトートはA4が収まるサイズだったので、『銀河鉄道の夜』を読み聞かせしに行く時に開封の儀式しました。大型本入れて良い感じ♪(ナギノ:使いたい人)

一筆箋の中身。フルカラーで良い感じ。

左上、一筆箋。お手紙魔なのでとりあえず5冊。中身もオールブルーを期待したけど、黒ペンで書く前提ならこのカラーが使いやすいですね。実用的なので5冊購入。

宮沢賢治作品からの一文を引用した缶バッチ

2号車にあったガチャガチャマシーンは、なんだかんだで4回やりました。1個は私の名前の一文字が入ってたので、別れ際にカナちゃんにあげたので3個持ち帰り。

こうして部分で抜粋すると、『銀河鉄道の夜』が一番宗教味を醸していますね。私は、宮沢賢治さんを「宗教に傾倒しながらも、人生を深める中で教えの真髄を特定の宗教では無い形に昇華させて『ものがたり』を作っていった人」と捉えていて、最晩年に手入れしていた『銀河鉄道の夜』は特定の宗教で語られる存在ではない「ほんとうの神様」に迫ってたなぁ…と思い、物語りは宗教の代弁ではなく賢治さんの物語りになったなと思うのですが、一文の抜粋は宗教の教本風です。

『インドラの網』は、ミュージアムに勤めていた時の思い出の作品です。「過冷却」という現象を調べて検証したり、岩手の冬通勤の凍てつく寒さだったり、色んなことが微妙な均衡で成立していたあの日々を思い出しました。

SL銀河に乗ったら、2号車のガチャは是非にやって欲しいですね。一種「賢治占い」のような趣があります。引いた作品と引いた人とのリンクを読み解いたら面白い発見がありそうでワクワクしかしません。

SLのごはん。釜石駅でSL銀河乗車時にホームでもらったのですが、人間は食べられません。が、なんだか飴かカリントウと間違いそうなディティールです。美味しそうに見えた一瞬があったんだよなぁ…窓辺で呑んでた時。

左、往復乗車の人がアテンダントさんからもらったメッセージカード。シールかな?と思ったら、裏に直筆でメッセージが書いてあってびっくり!嬉しいサプライズです♪右、乗車時にホームでもらった遠野マスクケース。…カリンちゃん?リンドウ持ってないとカリンちゃんじゃなくてただのカッパなのかな?

そしてお弁当の掛け紙!中身はレポ内でw

往路の掛け紙は銀河鉄道999を彷彿とする雰囲気。竹籠のお弁当箱でした。竹籠持って帰ろうかと思ったのですが、鞄の圧で潰れそうだったので断念。

復路はSL銀河のデザインを踏襲して、車体の解説やお品書きが素敵。これは捨てられないでしょ!

今回は見るだけで乗車できなかったIGRいわて銀河鉄道。グッズの可愛さが気になっていたので盛岡駅でグッズだけ買いに行きました。新作のミニトートとポチ袋・ポストカード・クリアファイルを購入。解説図的デザイン大好き♪

500円以上購入で鉄道カードいただきました。盛岡車両センターに居た子だぁぁぁ♪

思い出とダイレクトにリンクするものをゲットすると、想い出が定着するみたいで嬉しい♫

A5が入るミニトートは普段ヘビロテサイズなので、これにもガチャのバッチつけてさっそく稼働。

グッズを買ったらいただいたこちらのショッパー!かわいい♪IGRいわて銀河鉄道の駅舎17のシルエットです。これ、うちのビッグボスに物納する時に使おっと♫シワ増やさないように伸ばして平置き保管に回します。

以上、今回のスーヴェニール。心の温度が上がる品々を持ち帰りました♪

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました