首都圏の人と旅する秋の岩手観光<3>

宮沢賢治と東京

首都圏の人と旅する秋の岩手観光<2>のつづきです。

石と賢治のミュージアムと同じく、東山町にある「幽玄洞」に移動しました。年中無休の鍾乳洞窟です。大人一人1100円。が!本日からペイペイのキャンペーンで20%ポイントバックしました。

おぉ…飲食店だけではなかった!

スポンサーリンク

幽玄洞

幽玄洞は鍾乳石と化石が同居する珍しい鍾乳洞窟です。幽玄洞は「東山町は化石の産出が多い独自の地域である」ことを学べます。

中尊寺に続く筋肉痛案件。鍾乳洞窟を探検します!

鍾乳石が作り出す景色の数々を鑑賞します。最初にお寺の方が施設名と見所を命名したとのことで、なんだかありがたい名前がつけられています。

そして後半、泉に辿り着きます。

泉の解明されていない形状…キノコのようなJが反転したような形状の鍾乳石も変わらず健在です。

プティマルミット

さて、夕飯は大好きな北上のプティマルミットです♪2日前に松茸メニューが出たとの噂を耳にしまして参上。

さいわいにゃん、こんばんわ♪

「トリップのトマト煮込み」まずはこれ。絶対これ!鍋一杯食べたいのに「今日は松茸を味わうために小サイズにしましょう!」とママさんに言われてしまう。むむむ。もにもに…美味い!(やっぱり鍋で食べたい…)

初対面の「松茸のパイ包みスープ」来ました!

パイを避けてしみじみ味わいます…松茸、洋風も美味しい♪

プティマルミットは料理も美味しいですが、ケーキがとにかく絶品!今日は「タルトフロマージュ」にwith「あんずソルベ」で満足させていただきました♬

宮沢賢治童話村「童話村の森ライトアップ2022」

夕飯の後は「宮沢賢治童話村」で「童話村の森ライトアップ2022」を楽しみました。

なんと入場無料!

素敵なライトアップを見て、写真に収めてきたのですが…むむっ、一眼レフとスマホの接続が悪くて写真が取り出せません。

帰宅してから追加で写真を紹介させてください。

行かれる方向けに公式サイト貼っておきますね!

花巻市ホームページより

宮守めがね橋

最後は宮守めがね橋のライトアップを撮影。川面も虹色で綺麗でした♪

そばの「道の駅みやもり」でSL銀河の自販機見つけたよ!

マンホールカードにもなっているローソン前のカラーマンホールのデザインも、宮守めがね橋のライトアップです。

遅くまでお付き合いありがとうございました。おやすみなさい、また明日!

ようやく一眼レフから取り出した写真の紹介

日をまたぎましたが、一眼レフのご機嫌が治って画像を読み込めたので、昨夜の素敵だった場所をもう少しだけ紹介させてください。まずは「宮沢賢治童話村」ライトアップの続き。

「銀河鉄道の夜」サザンクロスの停車場のような光景です。ハルレヤ!南十字星見てみたいなぁ…岩手県から南十字星は見えませんから、憧れが募ります。

「宮沢賢治童話村」、なんとライトアップしてる隣で星空観察会!確かに星が見えますもんねぇ♪

さすが岩手!

秋の星座はなかなか見分けがつかなくて、カシオペア妃しか見つけられなかった…次はアンドロメダ姫を探せるように頑張ろう…

つづいて「宮守めがね橋ライトアップ」の写真を紹介します。私はこのライトアップの状態でSL銀河が走るシチェーションを切望しているのです。…そんな夢を見ながら撮影していたら、虹色車両が通過しました。おや?幻でも見ちゃったかな?

明日もここで沢山の人がSL銀河を見送ることでしょう。

宿の窓の外も満点の星空でした。本当に良い夜です。

つづく

お得なパス情報

2023年もぢもぢカレンダーのお知らせ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました