首都圏の人と旅する秋の岩手観光<1>

宮沢賢治と岩手

おはようございます♪起床が夜明け前の季節になりました。

今から盛岡に向かいます。 今回は#にゃんつるどっとこむの遠征なので、もちゃこちゃんを岩手にご案内する旅です♪ 私ナギノオススメの岩手を案内したいと思います。

どうぞお付き合いよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

東京駅から盛岡駅まで

東京駅着。ホーム挟んで新旧バトンタッチしてますw

横須賀E235系、フラットすぎる連結部がツボります。ラヴ♡

はやぶさに乗ります♪

新幹線とフォルムがシンクロしてるエスカレーター。東京駅のお気に入りです♪

はやぶさとこまちは今日もがっぷり♡

長すぎて先頭まで写真を撮りに行けない、出発〜。

もちゃこ嬢が枕に感激してます♪

窓の外が一面白いので、撮ってみたら郡山車両基地だった。

本当の青空…白い。

本当の青空キタッ♪トンネル抜けたら晴れた!あれ安達太良山だよね?

朝ごはん♪東京駅の行列のできるおにぎり屋さん「ほんのり屋」の「牛たん青唐味噌むすび」と「松茸むすび」です。美味しい♪松茸…秋だなぁ。

もちゃこちゃんが辛いの苦手って言ってたけど、このおにぎりの青唐は大丈夫らしい。ちょっとだしね。

そういえば東京駅にヤバイ看板があった!増量キケン!

北上、ほんにょが来るかとカメラ構えてみたけど、稲刈りまだのご様子。黄金色の田んぼです。

SL銀河@石鳥谷が間に合わなそうなので、今日は花巻に直行します!

あぁぁぁぁぁぁ!SL銀河が撮れた@新幹線!!

なんだこの運命…

南昌山撮ろうとしたらSL銀河撮れたw肝心の南昌山写ってないw

盛岡駅です。隙間から岩手山おはようございます♪ここからレンタカーに乗り換えます。

中尊寺

盛岡でナビが上手く動作しなくて、花巻10時前着断念。中尊寺にやって来ました。

中尊寺まであと500m…駐車場から1km弱坂道を歩きます。

ポストかわいい♪ 武田双雲筆「平泉」。

中尊寺本堂。

ようやく辿り着いた中尊寺 本堂です。金色堂はさらにもう少し先の別の敷地です。

金色堂が有名すぎて、そちら側に団体客は直接向かうようです。本堂はとても静かでゆったりしています。

御朱印頂戴しました♪自前のご朱印帳に書いていただけるのですが、私が書き置き派なのです。せっかちですみません。

金色堂はあの覆堂の中なのですが、ここから追加で800円かかります。

御朱印ゲット!御朱印を通じで、金色堂の輝きの維持にちょっと貢献♪

…あ!金色堂の手前に宮沢賢治詩碑が!

宮沢賢治詩碑、中尊寺。

中尊寺

宮沢賢治

七重(じゅう)の舎利の小塔(こたう)に
蓋(がい)なすや緑の燐光

大盗は銀のかたびら
おろがむとまづ膝だてば
赭(しゃ)のまなこたゞつぶらにて
もろの肱映(は)えかゞやけり

手触(たぶ)れ得ね舎利の宝塔
大盗は礼(らい)して没(き)ゆる

詩碑の文字は賢治さん自筆のものを約20倍に拡大したものだそうです。

詩の内容については、私の大好きな浜垣さんのサイトをご参照いただければと思います。

私もまた平泉の近所で生まれ育っているので、「アイヌ~蝦夷的な文化基層への親和」と表現されるその感情を根底に持っています。だからこそ上手く言葉に出来ない感情があって、浜垣さんに言葉で著していただいて腑に落ちることがあるのです。

松尾芭蕉像と重要文化財の旧覆堂。 奥州藤原氏滅亡後は金色堂は周囲を覆って保護され、外からは見えなくなりました。

「夏草や兵どもが夢の跡」
「五月雨の降り残してや光堂」

松尾 芭蕉

鎌倉時代から昭和38年(1963)に建て替えられるまではこちらが覆堂でした。芭蕉や宮沢賢治が見たのはこっちです。

つづく

お得なパス情報

2023年もぢもぢカレンダーのお知らせ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました